目の下のクマなどを整形で解消|自信に満ちたLIFE

紫外線が原因のクマ

シワ

目の下のクマの中でも、治療が難しいとされるのが、茶グマです。茶グマは、目の下に茶色いクマができることからこのような名称がつきました。血管が原因では無く、色素沈着が主な原因となります。強い紫外線を浴びると、メラニンという色素がお肌で増加してしまいます。目の下のメラニン色素が増えることによって茶グマが発生します。茶グマを防ぐためには、徹底的な紫外線ケアが必要になってきます。外出する際には必ず日焼け止めを塗り、帽子を着用するようにしましょう。夏場はしっかりと紫外線ケアをしていても、春秋冬は特に紫外線ケアをしていないという方もいます。しかし、夏以外の季節でも常に紫外線が太陽から降り注いでいます。一年を通して紫外線ケアが必要です。
また、目の下に摩擦の刺激が加わるのも茶グマの原因です。強くこすることのないように、日頃から心がけましょう。また、化粧品によるダメージなども茶グマを招く原因になります。化粧品選びも慎重に行ないましょう。

美容外科クリニックなどでは、茶グマの治療を受けることができます。茶グマの治療方法として挙げられるのが、レーザー治療です。レーザーを照射する事によってメラニン色素を減少させることができます。また、合わせてトレチノイン療法を行なうことでメラニンを減退させることができます。トレチノイン療法とは、皮膚の再生を促し肌のコンディションを整えるトレチノインをお肌に注入するというものです。メスを入れない整形になりますので、体への負担は殆どありません。
このようなメラニン色素に対する治療と共に、目の下のクマ自体を目立たせなくする脱脂ダブルリポ法や脱脂コンデンスリポ法を行なうことで即効性を得ることができます。最寄りの美容外科クリニックで治療を受けましょう。